今や街のあちらこちらで見かけるようになった太陽光パネル。
国の再生可能エネルギー推奨制作もあり、普及が進んでいます。一口にソーラーパネルといっても国内メーカーのみならず、
名前も聞かないような海外メーカーのものまで多種多様です。

いったいどれが良いか分からないというこあたも多いのではないでしょうか?

その中で当社がイチオシなのが「ソーラーフロンティア」なのです!!

ソーラーパネルの黒字化計画って、なんでしょうか?
ソーラーパネルを設置することは今や“投資”と考える時代です。
なぜなら、取付にかかるコストを発電した分の電気代や
余った電気を売ることで回収せいていくことができるからです。

そう考えると、一番きになるのはいつ元がとれるか?
ということですよね。

早く元が取れれば、それ以降は継続的に利益が得られるわけですから
改修期間が早いに超したことはありません。黒字化計画ってなに?

1つ目のポイントは、
当たり前ですが、ソーラーパネルが沢山発電することです。
ソーラーパネルが、設置時に予想していた発電量を
しっかり発電しなければ、早く元がとれるわけありませんよね。たくさん発電すること ソーラーパネルがたくさん発電するかを確認するために
一番大事な指標が何かご存知ですか?
それは、『実発電量』です。実は、『実発電量』が大事。実売電量とは、「実」という字がついているとおり、
実際にソーラーパネルを設置した環境での発電量のこと。

車の燃費もカタログに書かれている理論上の燃費と、
実際に待ちを走った燃費には差がありますよね。

ソーラーパネルも同じ。
だからこそ、「実」発電量が大切なのです。実際の屋根の上は、けっして計算通りにはいきません。
曇りになることもあれば、季節によって気温も、日照時間も変わります。
よく耳にする「変換効率」という指標はパネルの温度が25度、
太陽光線が1㎡あたり1,000ワットという一定条件下での数値なのです。

ちなみに日本で1,000ワットのお天気になるのは、
年に2~3時間あるかないか、通常の晴天は600~800ワット程度です。
また、ソーラーパネルは直射日光を浴びるので、高温になることもしぱしぱ。ソーラーフロンティアの黒いパネルは、新世代ソーラーパネルCIS太陽電池。

CIS太陽電池とは、発電層の主成分に、銅(Copper)、インジウム(lndium)、
セレン(Selenium)を用いており、その頭文字をとって、CIS太陽電池と呼ばれています。
このCIS太陽電池、実は、実発電量にとても優れたソーラーパネルなのです。

次のページで、ソーラーフロンティアのCIS太陽電池の
実発電量データ(実際の発電量を記録したデータ)を見てみましょう。ソーラーフロンティアのCIS太陽電池は
さまざまな環境下でも標準発電量を大きく上回るデータが報告されています。

例えば、日照時間が比較的短い新潟雪国型メガソーラー発電所でも
新潟の標準発電量を約2割も上回る実績を残しました。では、なぜソーラーフロンティアの黒いパネルは、実発電量が多いのでしょうか?

それは、ソーラーフロンティアのCIS太陽電池には
「光照射効果」という現象が起こるからです。また、あまり知られていませんが、
ソーラーパネルは温度が上がると出力が落ちるという性質があります。

しかしCIS太陽電池は一般的なシリコン系太陽電池に比べ
温度上昇に強いという特性を持っています。

だからこそサウジアラビアやタイといった気温の高いエリアでも
ソーラーフロンティア製品が多く採用されているのです。2つ目のポイントは、
ソーラーパネルが長く安心して使えることです。
沢山発電するソーラーパネルでも、
壊れてしまえば、修理に少なくないお金がかかってしまいます。
万が一、壊れた時でも、保証がしっかりしている
ソーラーパネルを選びたいですよね。ソーラーフロンティアのパネルは20年出力保証。
20年保証は、一般的な国内大手メーカーの保証期間の2倍で、
耐久性に自信があるからこそ出すことができた保証です。

太陽光発電は自然が相手の発電方法。
だからこそ、長期間しっかり発電する黒いソーラーパネルを選びましょう。最後のポイントは、
ソーラーパネルの導入コストをおさえることです。
いくら、長くたくさん発電するソーラーパネルでも、
それが高価すぎるパネルであったら、
回収期間は長くなってしまいます。ソーラーフロンティアのCIS太陽電池は、
日本最大のソーラーパネルエ場、宮崎県国富工場でつくられています。

大量生産、かつ一貫生産することで
製造にかかるエネルギーもコストもおさえることができるので、
環境にも、お財布にもやさしい、というわけです。「黒字化計画」を、一日でも早く実現するための、第一歩。
それは、あなたの家の屋根を調べてもらうこと。
屋根は家によって、形や大きさ、向きがぜんぜん違います。

ださら、実際に調査した上で、見積もりをとって、
実際の回収期間を計算することが大切です。

さぁ、「黒字化計画」へ、論よりアクション。

ますは、ソーラーフロンティアのホームページで、
「無料のお見積り」をお試しください。

さぁ、あなたも1日も早く黒字化を実現するためにも
ソーラーフロンティアの黒いパネルをご検討ください。